推奨ドローン

まずはドローンを選びましょう

鉄塔点検

Matrice210RtkV2

高性能RTKモジュールを内蔵。M210 V2のすべての機能を搭載し、 かつてない飛行の安全性とデータセキュリティの機能が追加された、 次世代型の産業用ドローンです。

Matrice210RtkV2

TIPS

鉄塔点検用ドローンの選び方

鉄塔等、電波干渉のリスクがある点検対象物には、

正確な機体制御が可能なRTK機能搭載ドローンが最適です。

可視画像のみで対応できる場合はPhantomシリーズ、

赤外線画像と組み合わせて調査するならMaticeシリーズがおすすめです。

推奨カメラ

カメラは、Matriceシリーズでのみ付け替えが可能です。

定番カメラ

ZENMUSE X5S

Zenmuse X5Sは、CineCore 2.0を使用することで5.2k/30fps(CinemaDNG 12bit1)、5.2k/30fps(Apple ProRes 422 HQ)、4k/30fps(Apple ProRes 4444 XQアルファなし 2)の動画撮影が可能です。

赤外線カメラ

ZENMUSE XT2

Zenmuse XT2は、赤外線カメラを搭載した次世代の業務用ジンバルカメラです。画面上の最も高温な対象物を自動追尾する機能や、高温アラームといった機能を活用することで、点検・調査業務の他、人命救助への活用も可能です。

ズームカメラ

ZENMUSE Z30

Zenmuse Z30は、30倍光学ズームと6倍デジタルズームを搭載した、総合倍率最大180倍の全く新しいズームカメラです。太陽光パネルや外壁調査はもちろん、基地局や風力タービンといった複雑な構造をも詳細に観察し、小さな異常も検知します。 調査対象との距離を一定に保つことができるため、より安全性の高い状態で業務を遂行できます。

TIPS

カメラの選び方

対象物と一定の距離を保ったまま撮影ができる

ズームカメラを活用した調査・点検がおすすめです。

最大180倍ズーム(30倍光学ズーム×6倍デジタルズーム)が可能なZemuse Z30では、

​離れた場所からでも詳細なデータを取得できるため、

人的、設備的なリスクを排除し、より効率的に業務を遂行できます。

お勧め飛行ソフト

​参考までに飛行ソフトをご確認ください

TERRA

ドローンに特化した

​飛行ソフト

分析ソフト

GS Pro

フリーで使える自動操縦ソフト

​飛行ソフト

分析ソフト

×

DJI Pilot

DJIの産業機に対応するソフト。自動操縦も

​飛行ソフト

分析ソフト

×

DroneDeploy

ドローンに特化し幅広い分野に対応

​飛行ソフト

分析ソフト

Pix4D

測量だけでなくインフラ点検にも使える分析ソフト

​飛行ソフト

×

分析ソフト

導入しよう

​ドローン導入を支援します。

①導入計画

現在の業務をドローンに置き換えたときの収支を計画しましょう。

②実証実験

実際にドローンを試用し、

実現できるチェックしましょう。

③導入

機材を調達、または外部パートナーへ依頼しましょう。

ビジネスをドローンでアップデート

まずは、お気軽に相談予約を

Drosatsu!!Technology